赤ちゃんモデルになる方法

赤ちゃんモデルになる方法をご存知でしょうか。

テレビCMなどに登場する赤ちゃんモデル。どの子もかわいらしくて、見かけると思わずほほ笑んでしまいますよね。

でも、うちの子のほうがもっとかわいいんだから、赤ちゃんモデルになれる!モデルに応募したい!と思われたことがあるのではないでしょうか。

そこで、赤ちゃんモデルになる方法をご紹介しましょう。

読者モデルとプロダクション所属

赤ちゃんをモデルにする方法は大きく分けて2つあります。

ひとつは雑誌などに応募して読者モデルになる方法、そしてもう一つはオーディションを受けてプロダクションに所属するという方法です。

読者モデルの場合は、赤ちゃん向けの雑誌でのお仕事がメインとなり、プロダクションに所属する場合には、テレビや映画・CMなどへの出演への道が開けることがあります。

読者モデルの場合は、雑誌の巻末などに読者モデル応募要領が掲載されていますので、それに従って簡単な履歴書と写真を送れば申し込みは完了します。

プロダクションの場合はインターネットのホームページなどからオーディションに申し込み、書類審査やオーディションなどを経て、赤ちゃんモデルとして所属することになります。

でも、中には高額な登録料やレッスン料を支払わなければならないプロダクションもあるのだとか。費用がどの程度かかるのかを事前に調べたうえで申し込むのが賢明です。

テアトルアカデミーは国内最大手

たとえば、NHKの「いないいないばあっ!」などに多くの赤ちゃんモデルを出演させている大手のテアトルアカデミーの場合は、オーディション料が無料ですし地方でのレッスンも可能ですので、どこのオーディションを受けるか迷った場合には、テアトルアカデミーがお勧めです。