子役オーディション合格法

子役オーディションに合格する方法

一次審査編

オーディション一次審査は書類選考

一般的に、子役オーディションには一次審査・二次審査があり、二次審査に合格すると晴れて合格通知を手にすることができる場合が多くなっています。では、一次審査・二次審査を突破して合格通知を手にするための合格法とは、どのようなものなのでしょうか。

まず、一次審査は主に書類審査になる場合が多くなるのですが、この書類審査では添付されてくる写真がかなり重要なポイントになります。その子本来の子供らしさが良く出ている写真を選び、子供らしい元気な姿をアピールできるように心がけるとよいでしょう。

テアトルアカデミーの一次審査は書類選考です。

二次審査編

次いで二次審査では、保護者同伴の面接審査が行なわれるところが多くなっています。保護者同伴とはいえ、子供のオーディションですので質問に答えるのは子供本人です。緊張することなくきちんと挨拶や受け答えができるように、自宅で練習しておくとよいでしょう。

また、付き添いの保護者の服装や立ち居振る舞いをチェックされることもありますので、保護者もただの付き添いと気を抜かないようにしてください。

子役オーディションには、見た目のかわいさだけでは合格できません。子役タレントには子供らしさや愛嬌がある、人見知りをしない、素直に大人の言うことを聞ける、というような点が求められます。

子役、子供タレントは社会の一員です

外面のかわいらしさだけでなく、大人の中で一緒に仕事を真剣にこなせる強い内面を普段から育ててあげることが、子役オーディションに合格するためのコツになるのではないでしょうか。

テアトルアカデミーの審査内容をチェックしてみましょう