子役の年収ギャラって?芦田愛菜ちゃん鈴木福くんいくら貰ってるのかな?

子役の年収 ギャラについて

子供が子役スクールや劇団に所属し、レッスンを重ねるようになると、親なら誰しも子供の才能に期待するようになるものですよね。

どこの子よりもかわいい我が子、ひとたびテレビや映画に出ることができれば、あっという間に大人気のスター子役になれるのではないかと、期待に胸を膨らませる保護者の方もいらっしゃることでしょう。

ところで、子役のギャラがどの程度になっているのか、みなさんはご存知でしょうか?

子役の出演料は番組1本につき数千円から数万円

名前と顔の知られた有名子役になると1本数十万円程度だと言われています。

1本20万円を超えるとかなりのレベルなのだとか。このギャラが所属する事務所経由の給料として支給される場合には、間接費を差し引いた金額がギャラとなるので、実際に受け取ることができる金額は少なくなります。

では実際に子役として働いているタレントはどの程度のギャラを得ているのでしょうか。

有名子役の芦田愛菜ちゃん、鈴木福くんのギャラは?

最近、芸能界からの引退を表明した大橋のぞみちゃんは、最盛期にはCMやドラマなどの出演料の合計が1億円前後、年収ベースで数千万円はあったのだとか。また今最盛期を迎えている芦田愛菜ちゃんや鈴木福くんなども、同じく出演料で一億円超え、年収ベースでは数千万円あると言われています。

しかし、これはあくまで推測の範囲。基本的には子役は正確な年収を公にすることはありませんので、あくまで参考程度に考えていただけるとよいでしょう。

基本的に彼らのようなスター子役でなければ、子役のギャラは大人よりも低く設定されていることも、併せて知っておくとよいのではないでしょうか。