テアトルアカデミーの合格率と保護者面接

テアトルアカデミー 合格率

テアトルアカデミー 赤ちゃんモデル 子役合格率は?

子役スクールのオーディションは、書類審査である一次審査と、面接や実技などの二次審査の2段階制となっているところが多くなっています。

どこの子役スクールであっても、オーディションを受ける際に気になるのは合格率のこと。毎回どのくらいの子供たちがオーディションを受け、その合格率はどの程度になっているのでしょうか。気になるポイントを独自に調査してみました!

テアトルアカデミーのオーディション合格率は◯◯%

まず、テアトルアカデミーのオーディションは、他の子役スクールと同じように2段階制になっています。

一次審査の合格率

1次審査は他の子役スクールと同様に書類審査となっていて、主に添付されてくる写真が審査の重要ポイントとなります。

この1次審査は比較的合格率が高いようで、調査によるとオーディションを受けるお子さんたちの90%近くが審査をパスしているようです。お子さんのかわいらしいベストショットを添付すれば、合格できる可能性は高いと言えるでしょう。

二次審査の合格率

つぎに2次審査ですが、この2次審査は実技審査になっており、実際にテアトルアカデミーのスタジオで行なわれます。

実技審査といっても相手は子供のことですから、初対面の大勢の大人に囲まれたらどういう態度を取るのか、突然カメラを向けられても泣いたりしないかといった点がチェックされます。

保護者面接

あとは保護者の方との面談を経て合否が決まるのですが、この2次審査の合格率は調査によると70~80%。

2次審査で明るく元気な子供らしい姿を見せることができれば、きっと合格できるはずですよ!